団塊の世代が健康で長寿を生き抜くための教え

適切な体重の維持

  • HOME »
  • 適切な体重の維持

現代は、飽食の時代です。
世界のどこかではまだ飢餓に苦しむ人達もいます。

先進国では肥満が大きな社会問題にもなっています。
しかし、人類の歴史は、飢餓との闘いの歴史で
食べられる時に食べるというのが普通でした。

食べ過ぎや肥満が問題になるのは、人類の歴史上
例外的なことだとも言えるでしょう。

加齢と共に新陳代謝が低下するのに食欲に
任せて食べていては肥満になります。
適正な体重を維持することは、
日常の摂生と注意が必要です。

本来脂肪は人間にとっては必要なものです

エネルギーの貯蔵庫として運動に消費されますが、
過剰な在庫はエネルギーとして使われず
体重の増加となってしまいます。

肥満は、生活習慣病の中でもトップで
肥満になると一般的に短命です。

肥満では外見も悪くモテなくなります。
体重で膝、腰、心臓にも負担がかかり
時には歩行が困難にもなります。

肥満の人は、歯周病にもかかりやすいと
言われています。

肥満を防ぐためには食べ過ぎないこと、
早食いにならないことです。

良くBMIを指標とした肥満度の説明が
あります。BMIが22くらいが標準だとか。

しかし最近の調査では、多少BMIが高い
方が、つまりやや太り気味の方が
長生きすると言う結果も出ています。

やはり食べ過ぎないで適切な体重を
維持するようにしたいものです。

PAGETOP
Copyright © 健康長寿の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.