団塊の世代が健康で長寿を生き抜くための教え

メタボリック・シンドローム

  • HOME »
  • メタボリック・シンドローム

メタボ生活には、危険がいっぱいです。

例えばあなたの一日はこんな一日ではないですか?
・朝は忙しくて朝食は抜いて出かける。
・午前中はパソコン作業でデスクワーク。
・お昼に大好きな牛丼ツユダク。食後にコーヒー、タバコ
・午後はタクシーで外回り。ほとんど歩かない。
・帰社して出張土産のお饅頭をペロリ。
・夜は得意先の接待。ついついかなりの酒量に。
・帰る前にラーメンで仕上げ。
・夜遅くタクシーで帰宅。疲れて風呂に入って就寝。

過食・ストレス・運動不足等の生活習慣の乱れから
内臓に脂肪がたまる内臓脂肪型肥満が増えています。
内臓脂肪型肥満の方は、血圧・中性脂肪・血糖値の
検査値が正常値よりやや高めでもこれらのやや高めが
重なりあって動脈硬化の危険が高くなってきます。

これが「メタボリックシンドローム」です。
メタボリックシンドロームを長期間放置しておくと
動脈硬化が進行して、心筋梗塞や脳卒中等の大きな
病気を起こす可能性が高まってくるのです。

メタボリックシンドロームの診断基準は、
①内臓脂肪蓄積[おへその高さの胴回り]
男性85㎝以上、女性90㎝以上
この他、以下の2項目以上該当する場合。
②高トリグリセライド血症 150mg/dL以上
かつ/または
低HDL-コレステロール血症 40mg/dL未満
③収縮期血圧 130㎜Hg以上
かつ/または
拡張期血圧 85mmHg以上
④空腹時高血糖 110mg/dL以上

メタボリックシンドロームの治療は、
まず第一には肥満、特に内臓脂肪を
減少させることです。内臓脂肪は、
幸いなことに皮下脂肪に比べて体重を
減らせば減少しやすいものです。

メタボ改善の基本は、食生活や
定期的で継続的な運動、節酒、
禁煙等の生活習慣の改善です。
生活習慣を見直して改善して行けば
必ず体重、腹囲、血圧、血糖、脂質
等の数値が改善して行きます。

PAGETOP
Copyright © 健康長寿の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.